9月の原油輸入量15.3%増、中東依存度92.7%(経産省)

経済産業省が10月29日に発表した9月分の石油統計速報によると、原油輸入量は1177万kl(前年同月比15.3%増)だった。

輸入量の多い順に、アラブ首長国連邦(427409万kl、前年同月比13.1%減)、サウジアラビア(408万kl、0.3%減)、カタール(99万kl、29.3%減)、クウェート(95万kl、16.0%減)、バーレーン(40万kl、167.2%増)となっている。

中東依存度は92.7%で前年同月に比べ2.2ポイント増と3か月ぶりに前年を上回った。

燃料油の在庫は1012万kl(3.3%減)と前年を下回った。油種別にみると、ナフサ、ジェット燃料油、A重油及びB・C重油は前年同月を上回ったが、ガソリン、灯油及び軽油は前年同月を下回った。

【広告】ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

  2. 部品不足で10月も生産調整続く(自動車メーカー)

  3. 10月上中旬分貿易統計、輸出11.2%増、輸入31.4%増(…

  4. 鉄道貨物輸送量9.3%増、貨物トンキロ8.3%増

  5. 軸重違反強化に懸念 積載率低下で採算取れず…

  6. トラックの防錆対策

これまでの記事一覧