年末年始期間の首都高速道路の利用状況

首都高速道路は1月5日、年末年始期間での首都高速道路の利用台数及び渋滞量を発表した。

<主な連休との比較>
20220105syutoko 520x328 - 首都高速道路/1日あたりの利用台数、2019年比で103%

対象期間は2021年12月28日から2022年1月4日までの8日間。

それによると、1日あたりの利用台数は、2021年度が78万1302台、2019年度が75万9674台と2019年度比で103%となった。ちなみに、2020年度比では、117%だった。

1日あたりの渋滞量(渋滞長さ×渋滞継続時間)は、2021年度が157(km・時/日)、2019年度が137(km・時/日)で、2019年度比では、115%となった。

【広告】ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 厚労省/荷主企業・トラック運送事業者向け自己診断ツール

  2. 主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

  3. 10月上中旬分貿易統計、輸出11.2%増、輸入31.4%増(…

  4. 人手不足調査(7月)/新型コロナの影響、人手不足割合は大幅減…

  5. 運賃上昇でトラック業界としては良い流れが

  6. 鉄道貨物輸送量9.3%増、貨物トンキロ8.3%増

これまでの記事一覧