貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令について

貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令について
トラックドライバーの長時間労働の是正と適正取引構築のため、貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部が改正され、令和元年6月15日より、車両総重量8トン以上又は最大積載量5トン以上のトラックに乗務した場合に、集貨地点等で荷役作業又は附帯業務を実施した場合についても乗務記録の記載対象として追加します。

詳しくは下記よりご確認ください。
http://www.jta.or.jp/kotsuanzen/anzen/info/anzen_kisoku_kaisei201905.html

ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 荷役や附帯業務の乗務記録必要に(国交省)

  2. 新東名/6車線化事業、58km区間が新たに完了へ

  3. 自動車整備事業者等にスキャンツールの導入補助を開始/国交省

  4. 運賃上昇でトラック業界としては良い流れが

  5. 令和元年6月15日から、ドライバーが荷役作業や付帯業務を行っ…

  6. 9月上中旬分貿易統計、輸出1.9%減、輸入24.2%減/財務…

これまでの記事一覧