主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

国土交通省は6月23日、2021年4月分の主要6港外国貿易貨物のコンテナ個数の速報を発表した。

<輸出入別港湾別コンテナ個数>
20210624kokkosyo1 520x157 - 港湾統計速報/4月の主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

<コンテナ個数推移表>
20210624kokkosyo2 520x209 - 港湾統計速報/4月の主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

それによると、外国貿易貨物のコンテナ個数(速報値)は、120万2717TEU(前年同月比2.2%減)だった。このうち輸出は59万5260TEU(2.6%減)、輸入は60万7457TEU(1.8%減)であった。

輸出では、名古屋港の10.1%増が目立ち、輸入では、横浜港の5.5%増が目立っている。

【広告】ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. アスクル/梱包作業用品の定期配送サービス開始

  2. 港湾労働者不足を調査、過半が「不足」と回答

  3. 10月上中旬分貿易統計、輸出11.2%増、輸入31.4%増(…

  4. 日本ユニシス/トラック予約・受付システムを無償提供

  5. 海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

  6. 荷役や附帯業務の乗務記録必要に(国交省)

これまでの記事一覧