アスクル/梱包作業用品の定期配送サービス開始

アスクルは1月21日、梱包資材・作業用品の定期配送サービスを開始した。
「梱包テープ」「段ボール」「ボーガスペーパー」「ストレッチフィルム」「ウレタン手袋」の5品目48商品を、設定した数量・サイクル(1週間~2か月までの6種類から選択)で自動配送する。購入代金も通常価格から3~7%割り引く。
このサービスは、梱包作業用品は出荷業務に必要不可欠であるため「使用量が把握しづらく、在庫不足に気付かない」「すぐ在庫切れするので都度注文するのが大変」という多数の声を受けて開始したもの。
梱包作業用品を定期的に配送し、絶え間なく動く忙しい現場の消耗品発注の手間削減に加え、買い忘れによる在庫切れのリスク低減をサポートする。

ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 年末年始期間の首都高速道路の利用状況

  2. 9月の原油輸入量15.3%増、中東依存度92.7%(経産省)…

  3. 国交省/1月のトラック輸送、特別積合せ貨物2.3%増

  4. 人手不足調査(7月)/新型コロナの影響、人手不足割合は大幅減…

  5. 主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

  6. 部品不足で10月も生産調整続く(自動車メーカー)

これまでの記事一覧