国交省/高速道路「賢い料金」の一時退出可能時間引き上げ

国土交通省は3月13日、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」について、3月27日から一時退出可能時間を現行の1時間から3時間に引き上げると発表した。
「賢い料金」は、高速道路で休憩施設のない空白区間を半減するため、全国23か所の道の駅を対象に実験的に実施されている料金制度。
ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、従来は1時間以内に再進入した場合、降りずに利用した料金のままとしていたが、利用者から出た「時間が短いため十分な休憩ができない」などの意見を踏まえ、一時退出可能時間の引上げを決定した。

ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 令和元年6月15日から、ドライバーが荷役作業や付帯業務を行っ…

  2. 貨物自動車運送事業輸送安全規則の一部を改正する省令について

  3. 運賃上昇でトラック業界としては良い流れが

  4. 高燃料 運送事業者の声

  5. 佐川急便が物流系ITベンチャーCBcloudと資本・業務提携…

  6. 荷役や附帯業務の乗務記録必要に(国交省)

これまでの記事一覧