トラック輸送、特別積合せ貨物9.2%増

国土交通省が7月30日に発表した5月分のトラック輸送情報によると、特別積合せ貨物(調査対象24社)の総輸送量は497万6000トン(前年同月比9.2%増)、宅配便貨物(14社)の取扱個数は3億7596万5000個(1.4%減)となった。

前年同月との比較では、品目別では、工場・生産地からの貨物増が「農水産品」以外のすべての品目で、商社・問屋からの貨物増が「日用品」で、倉庫から出る貨物増が「金属製品」、「機械」、「化学工業品」、「繊維工業品」及び「日用品」で、景気の影響による貨物増が「日用品」で見られた。

地域別では、「関東地方」、「中部地方」、「近畿地方」及び「中国」で貨物増となっている。

全国の一般貨物トラック事業者(本月の回答事業者756社/調査対象事業者数987社)の輸送量は、前月比7.7%減、前年同月比6.1%増であった。

【広告】ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

  2. 令和元年6月15日から、ドライバーが荷役作業や付帯業務を行っ…

  3. 佐川急便が物流系ITベンチャーCBcloudと資本・業務提携…

  4. 鉄道貨物輸送量9.3%増、貨物トンキロ8.3%増

  5. 主要6港外貿貨物のコンテナ個数2.2%減

  6. 厚労省/荷主企業・トラック運送事業者向け自己診断ツール

これまでの記事一覧