海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

デカルト・データマインは9月21日、8月分の日本発米国向け(東航)と、7月分の米国発日本向け(西航)の海上コンテナ輸送量(TEU)実績データを発表した。

20210922datamyne 520x333 - 海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

それによると、アジア域内へのトランシップ分を含む日本受け荷受地ベースは5万2247TEU(前年比32.8%増)で、6か月連続で前年同月を上回った。

第3国へのトランシップ(TS)貨物は1万6005TEU(75.3%増)と、7月に続き高い伸び率を維持。貨物全体に占める第3国トランシップ率は30.6%で、4か月連続の30%超えとなった。

韓国TS貨物の港別内訳は、1位が東京港で1741TEU(552.1%増)、2位が博多港で1653TEU(78.1%増)、3位が名古屋港で1539TEU(271.7%増)、4位が横浜港で1372TEU(7.3%増)、5位が神戸港で1220TEU(85.4%増)、6位が大阪港で1209TEU(93.8%増)となっている。

また、製品の輸送量では、自動車関連が1万451TEU(39.3%増)、機械類が1万1121TEU(34.2%増)と、ともに7月に続く1万TEU超えとなった。

20210922datamyne1 520x302 - 海上コンテナ輸送量/日本発米国向けが6か月連続増

米国発日本向け(最終仕向国ベース)の7月分は5万2542TEU(1.2%増)で、アジア域内では中国についで2位の貨物量となった。

品目別順位は、1位が牧草で9012TEU(21.8%減)、2位が肉類で5390TEU(8.6%減)だった。

また、日本向け母船直揚地ベースは4万576TEU(10.7%減) となっている。

【広告】ドライバー派遣のことなら「プロテックホールディングス」へ
http://www.ex-protec.co.jp/

関連記事

  1. 海運・物流関連に特化したシンガポールのファンドへ出資(商船三…

  2. 9月上中旬分貿易統計、輸出1.9%減、輸入24.2%減/財務…

  3. 人手不足調査(7月)/新型コロナの影響、人手不足割合は大幅減…

  4. 自動車整備事業者等にスキャンツールの導入補助を開始/国交省

  5. 日本ユニシス/トラック予約・受付システムを無償提供

  6. トラック輸送、特別積合せ貨物9.2%増

これまでの記事一覧